投資家を保護する為の信託保全スキーム

信託保全とはFX業者の財産とは別に、信託銀行等の第三者に顧客の資金を管理、保全する事です。
この事によって、万が一FX業者が破綻や倒産を起こしても、顧客の資金は保護されると言うメリットがあります。

 

大金が動くFX業界は、FX業者の破綻や倒産を繰り返す歴史でもありました。
その陰で、被害にあった投資家も数知れません。
この為、2010年2月のFX業者に対して全額信託保全が義務付けられたのです。
これは我々投資家にとっては、歓迎すべき法改正と言えますが、破綻や倒産をしない様なFX業者を選定する事が、肝要と言えましょう。

 

信託保全は大きく分けると幾つかの種類に分かれます。
残高が時間毎に変わっている証拠金の信託残高を週次で変更するか、日次で変更するかに分ける事ができます。
週次で変更するモノを週次信託、日次で変更するモノを日次信託と呼びます。
週次信託の場合は、1週間に1度の金額調整の為に、最長で1週間の利益や、新規注文での証拠金が保全対象に含まれない事になります。
両者を比較した場合は、日次信託の方が安全です。

 

また、完全信託と一部信託と言った区別もあります。
顧客の証拠金全額を信託保全するのが完全信託で、一部を保全するのが一部信託です。
当然ながら、顧客にとっては完全信託の方が安全です。

信託保全で安心関連ページ

FXのリスク
当サイトではFX取引について説明しています。FX取引のいろはや、歴史など、FX取引をはじめる前にひと通り学習しておきましょう。
FXのメリットとデメリット
当サイトではFX取引について説明しています。FX取引のいろはや、歴史など、FX取引をはじめる前にひと通り学習しておきましょう。
通貨ペアについて
当サイトではFX取引について説明しています。FX取引のいろはや、歴史など、FX取引をはじめる前にひと通り学習しておきましょう。