FXは新しい金融商品である

1998年4月以前は銀行のように免許を持ったところしか外国為替を扱うことができませんでした。
それが1998年4月に原則自由だった外国為替法が完全自由化に改正され外国為替保証金取引、いわゆるFXが誕生しました。

 

これにより多くの業者が参入して大きな利益を上げましたが、利益だけを目的にモラルのない業者も多数参入したために問題も多く発生しました。強引な勧誘や仮想取引などトラブルが多発したために2005年7月に改正金融先物取引法が施行されました。

 

これにより2006年1月以降から自己資本や社内体制などで規定された基準を満たさない限り業務を継続することができなくなりました。
これらの規制によりFXは徐々に健全な市場としての準備が整いつつあったのですが、サラリーマンや主婦などの一般トレーダーのトラブルがニュースに取り上げられるようになりました。

 

FXはレバレッジ効果により少額の資金で大きな利益を上げることができますが、それと同時に大きな損失を被る可能性もあります。サラリーマンがFXでの損失を埋めるために横領したお金をFXにつぎ込み逮捕されるという事件が起きたり、主婦がFXで6億以上利益を上げたにもかかわらず税金を払わなかったために脱税で逮捕されたりすることもありました。

 

これらのトラブルに対処するために2011年8月1日にレバレッジが25倍までに制限されることになりました。
FXは新しい金融商品ですが色々な規制などを設けることによって健全な金融商品としての道を歩みつつあるようです。

FX取引を理解する記事一覧

FXのリスク

現在は、ネットの普及に合わせるかのように多くの方がFX取引を行っています。中では奥様トレーダーと言われる、専業主婦の方もFXで一喜一憂していらっしゃいますが、FXは元本割れの可能性がある商品である。つまりリスクがあるということを絶対に忘れてはいけません。ではどのようなリスクがあるのか?具体的な例で挙...

≫続きを読む

 

FXのメリットとデメリット

FXのメリットは、レバレッジを生かして、少額から資産を殖やせることと、市場が24時間オープンしているので、好きな時間に参入できること、だと思います。わずか数万円から何千万円の資産をFXで築いたという人もいます。そういう方が出版している本もたくさん出回っています。一攫千金に近い夢があると思います。そし...

≫続きを読む

 

通貨ペアについて

FXを始めるにあたり、まず注目した通貨ペアはドル/円でした。理由としては、私が日本人であることから円を選択し、また全世界で流通量が最大であることからドルを選択しました。初心者が始めに扱う通貨ペアとしては一番適しているのではないでしょうか?取り扱う通貨ペアは取引業者によって様々ですが、ドル、円、ユーロ...

≫続きを読む

 

信託保全で安心

信託保全とはFX業者の財産とは別に、信託銀行等の第三者に顧客の資金を管理、保全する事です。この事によって、万が一FX業者が破綻や倒産を起こしても、顧客の資金は保護されると言うメリットがあります。大金が動くFX業界は、FX業者の破綻や倒産を繰り返す歴史でもありました。その陰で、被害にあった投資家も数知...

≫続きを読む