ナンピンのし過ぎで失敗

FXでトレードをしていると、ポジションが含み損を抱えてしまうことがあります。そのような場合、ある程度トレンドが動き切ったところでナンピンをすると助かることがあります。往々にして大きなトレンドというものは反転することもあるためで、私もこれまではそれで助かっていたのでナンピンを度々行ってきました。しかしある時、このナンピンに頼ってばかりで大きな失敗をしてしまうことになったのです。

 

それは、世界の経済危機でリスクオフの流れになり、私の買いポジションが含み損を抱えてしまった時のことでした。今は確かに下の流れかも知れないが、そのうちに戻ってくるだろうと思っていました。そのため、チャートが落ち着いたところを見てはナンピンのポジションを入れていきました。

 

しかしチャートの動きはそれに反して、下落トレンドを作り続けていました。ナンピンを成功させるためには、後から持つポジションを前から持っていたポジションより多くする必要があります。私はそれによってポジションを持ちすぎてしまい、新たなポジションを持つための証拠金がなくなってしまったのです。

 

結果として下落はさらに続き、ナンピン用に持ったポジションもろとも全てロスカットされてしまいました。安易にナンピンを行うと、こうした損失につながりやすいということをこの失敗から学びました。

ナンピン買いで失敗関連ページ

クリックミス
当サイトではFX取引について説明しています。FX取引のいろはや、歴史など、FX取引をはじめる前にひと通り学習しておきましょう。
デイトレのすすめ
当サイトではFX取引について説明しています。FX取引のいろはや、歴史など、FX取引をはじめる前にひと通り学習しておきましょう。