金融情勢に興味を持つようになった

結婚する少し前に夫婦そろってFXを始めた。
友人がFXをやっていて、数十万の利益を出していたからだ。

 

強くすすめられたわけではなかったが、どんなものだろうと、
ネットなどで調べるようになった。

 

まず数冊のFXに関する本を購入し、二人で読みあさった。
基本的にFXで利益を出している人が著書であるから、
なんとなく本に書いてある通りに実行すれば、儲かるような
気がしてきた。二人でFX口座を開き、早速トレードを
開始した。

 

まず、為替がこれほど小さな動きをすることに
驚いたが、わずか0.1円動いただけで、損益が大きく動くことにも
驚いた。まったく未知の世界だった。これまで為替に興味を
持つのは海外旅行に行く前だけだった。両替のときに
どのくらいのレートなのかが気になっていたからだ。

 

また、ニュースで本日の株・為替などのコーナーがあっても
まったくスルーしていたのだ。

 

しかし、FXを始めてから、特に世界の金融情勢の動きに
耳を傾けるようになった。

 

利上げや経済統計、雇用統計で為替が大きく動くので、
そういった発表日などもチェックするようになった。

 

経済音痴だった私が、かなり詳しくなったのは、
ある意味FXのおかげだ。特に米国の雇用統計などは
毎月第一金曜日などと日付まで頭に入っている。

その他のFX情報記事一覧

ナンピン買いで失敗

FXでトレードをしていると、ポジションが含み損を抱えてしまうことがあります。そのような場合、ある程度トレンドが動き切ったところでナンピンをすると助かることがあります。往々にして大きなトレンドというものは反転することもあるためで、私もこれまではそれで助かっていたのでナンピンを度々行ってきました。しかし...

≫続きを読む

 

クリックミス

私はFXの失敗談が山ほどあります。例えば、「売り」で入るつもりが間違えて「買い」ボタンを押してしまったり、1通貨買うつもりが間違えて5通貨買ってしまったり、というものです。「売り」と「買い」を逆にして注文してしまった時は、自分の予想とは反対に為替が動いたので、逆に儲かってしまいました。何しろ、確率は...

≫続きを読む

 

デイトレのすすめ

FXでの期待収益は0だと言われることがあり、それは理論的には正しいのでしょうが、現実的には間違っていると思います。いわゆる実需の為替取引を行う非金融企業の存在や、為替リスクをヘッジする取引の存在、資金的な制約で損切りせざるを得ない取引主体の存在などにより、損失が生じる取引であってもその主体にとっては...

≫続きを読む